ここでは筋挫傷について、詳しく説明していきましょう。

筋挫傷とはその名の通り、筋肉組織が挫傷したことを言います。筋肉や腱が衝撃または無理に伸ばされることによって生じる怪我です。
スポーツの場でよくある肉離れや筋違いは、この筋挫傷の代表的な症例と言えます。


sponsored link




足を筋挫傷してしまった場合は、軽度であれば立ったり歩いたりすることは可能ですが、重度のものとなると立つことはもちろん動かすことも出来ず、腫れや痛みも相当なものになるでしょう。

筋挫傷と捻挫は似て非なるものです。捻挫とはでご紹介しましたが、「関節周辺(主に靭帯)を損傷、関節の可動域を超えた時に起こる損傷」を捻挫と言います。そして筋挫傷は筋肉や腱が無理に伸ばされた状態です。意味が少し違いますね。

筋挫傷でも捻挫でも、応急処置は必要不可欠ですし、その後の治療も重要です。捻挫と同じように軽い程度だからといって、軽く見ていては後々の運動に影響を及ぼしてしまうでしょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、挫傷の中でも骨の挫傷について詳しく説明しています。

⇒ 骨挫傷について


TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
zasyou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。